<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
  • 7dream_120_60 
  • dell21_120x60 
  • 10000042 
  • スルガ銀行カードローン 
  •  
  • マイクロソフトのライセンスを特別価格でご提供! 
  • まぐプレバナー" target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">
  • 通訳トレーニング入門
  • クラシックカード_106×61
  •  ソニーがもっと楽しくなる
  • 100_60_50412S
  • 法律書店バナー1
  • バナー  
  • ロゴ_USEN120_60 
  • スキー2006
PROFILE
SEARCH
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
    << ROICについて | main | 前回の続き >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ROE
    前回からやや日数がたちましたが、ROEについて紹介したいと思います。「ROE(Return On Equity)」日本語に訳しますと自己資本当期純利益率と呼びます。一般的にはROEと呼ばれていますよね。この説明に入る前にまず理解していただきたい指標があります。それはROAです。この指標は以前にも説明しているのですが、一度立ち返ってみてください。ROEは以下のような求め方をします。

    ROE=当期純利益/株主資本

    実は、この指標自体の歴史は結構古く、見捨てられていた時代がありました。しかし、近年になり株主の利益を優先するという考え方が浸透し始めましたよね。それにより、この指標が再評価され始めました。

    もう少しこの「株主の利益」に触れたいと思いますので、次回この「株主の利益」を説明したいと思いますね。
    | 経営学 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | - | 01:34 | - | - |
    コメントする









    http://koutiki555.jugem.jp/trackback/19
    トラックバック

    経営学の難しい本を読んでみると、やっぱり難しいことがいっぱい書いてありますよね。そして、著者を見てみると、偉い学者さんや、経営者の方々が大半です。そこで、私のような組織の末端で働くものがそういったものを書いてみてもいいじゃないかと思いこのサイトを立ち上げてみました。