<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
  • 7dream_120_60 
  • dell21_120x60 
  • 10000042 
  • スルガ銀行カードローン 
  •  
  • マイクロソフトのライセンスを特別価格でご提供! 
  • まぐプレバナー" target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">
  • 通訳トレーニング入門
  • クラシックカード_106×61
  •  ソニーがもっと楽しくなる
  • 100_60_50412S
  • 法律書店バナー1
  • バナー  
  • ロゴ_USEN120_60 
  • スキー2006
PROFILE
SEARCH
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
    << 財務分析の傾向 | main | ROE >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ROICについて
    前回は「ROA」の説明で終わっていました。そこで、今回はその改良版で「ROIC」についての説明をしたいと思います。「ROIC(Retune On Invested Capital)」日本語に訳すと「投下資本利益率」と呼びます。では、どのような公式になっているか。この指標の公式は以下のとおりです。


    ROIC=連結営業利益/固定資産+運転資金+現金・預金


    前回のROAの説明では売上至上主義の経営の下では・・・といった説

    明をしました。つまり、ROAは分子を見ても判る通りで、全ての費用

    を差し引いた後の純利益を分子に持ってきており、それに運転資金(運

    転準備資金)として調達した借入等の支払利息を加えることで分子を構

    成しています。これを総資本で割ることにより、総資本よりどの程度の

    利益を生み出したかを算出することが可能となっています。しかし、実

    際の営業による儲けとは財務諸表にはどこに出ているでしょうか。そこ

    に着目してみると、上記の公式の内容もすんなり理解できますよね。つ

    まり、本業収益と呼ばれる部分は財務諸表の中ではB/S中の「営業損

    益」になります。これを分子にもってくることにより、本業の儲けはい

    かほどかという事の判別ができるようになりました。また分母において

    も、その本業の儲けが事業に用いる工場などといった固定資産や、資

    金繰りを行うための運転資金等を持ってくることで、純粋に算出され

    ていることになります。


    上記の公式は上場企業の分析時利用する方法で、応用すれば、中小企業

    などの分析にも利用できます。それは上記公式の「連結営業利益」の

    部分を単体の「営業利益」に変えるだけです。

    次回は「ROA」に変わる公式「ROE」について紹介します。
    | - | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | - | 00:49 | - | - |
    コメントする









    http://koutiki555.jugem.jp/trackback/18
    トラックバック

    経営学の難しい本を読んでみると、やっぱり難しいことがいっぱい書いてありますよね。そして、著者を見てみると、偉い学者さんや、経営者の方々が大半です。そこで、私のような組織の末端で働くものがそういったものを書いてみてもいいじゃないかと思いこのサイトを立ち上げてみました。