<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
  • 7dream_120_60 
  • dell21_120x60 
  • 10000042 
  • スルガ銀行カードローン 
  •  
  • マイクロソフトのライセンスを特別価格でご提供! 
  • まぐプレバナー" target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">
  • 通訳トレーニング入門
  • クラシックカード_106×61
  •  ソニーがもっと楽しくなる
  • 100_60_50412S
  • 法律書店バナー1
  • バナー  
  • ロゴ_USEN120_60 
  • スキー2006
PROFILE
SEARCH
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
    << 経営分析−基本講座編− | main | 財務分析の傾向 >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    安全性分析
    前回は収益性分析を紹介させていただきました。今回は安全性分析を紹介したいと思います。

    ・流動比率=流動資産/流動負債

    ・当座比率=当座資産/流動負債

    ・現金比率=現金・預金/流動負債

    ・手元流動比率=(現金・預金+有価証券)/売上高

    ・経常収支比率=経常収入/経常支出

    ・負債比率=負債/自己資本

    ・自己資本比率=自己資本/総資本

    ・流動負債比率=流動負債/自己資本

    ・固定負債比率=固定負債/自己資本

    ・負債構成比率=流動負債/総負債、固定負債/総負債

    ・長期固定適合比率=固定資産/長期資本

    ・固定比率=固定資産/自己資本

    ・有利子負債比率=支払利息/有利子負債

    ・有利子負債依存度=有利子負債/総資本

    ・キャッシュフロー比率=税引後利益−配当金支出−役員賞与+減価償却費/長期負債または総資本

    ・正味運転資金=流動資産増減額−流動負債増減額

    と、基本レベルで考えるとこんなこんな感じでしょうかね。今後はまた元に戻り、より実践的なものへ昇華させます。

    なお、基本レベルの復習や、学習には左側にあるメルマガが適しています。毎月105円の出費ですみます。それでいて、毎週3回発刊してますのでお特感がありますよ。
    もう少し、実践的で、今すぐ審査などの環境で利用したい方には、与信管理のプロというメルマガもあります。

    両方とも、1ヶ月分は無料で配信いたしますので是非参照してみてください
    | 経営分析とは | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | - | 00:52 | - | - |
    コメントする









    http://koutiki555.jugem.jp/trackback/16
    トラックバック

    経営学の難しい本を読んでみると、やっぱり難しいことがいっぱい書いてありますよね。そして、著者を見てみると、偉い学者さんや、経営者の方々が大半です。そこで、私のような組織の末端で働くものがそういったものを書いてみてもいいじゃないかと思いこのサイトを立ち上げてみました。